スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二男の進学問題 その2

精神科の先生や中学校の先生が言うように、高校は養護学校か養護学校の分教室に進学する方向になりました。



最初は分教室でと考えていたのですが、その分教室は普通の高校の中にあるので二男に確認すると



「普通の高校の中にあるのは無理。」



そう言いました。



いくら建物が別だと言っても、登下校等で健常者の子達とすれ違う事すら嫌だと言っているのです。




長男が二男に



「定時は止めとけよ。第一無理だから」



そう言ったのです。



その一言で、二男は養護に行く事を了承しました。




11月1日に進学相談として分教室へ行く予定になっていましたが、本校への進学希望になったので、1日は取り止めになり、連絡待ちの状態です。




今日、精神科の診察があったので、その事を医師に伝えると




「よっぽど嫌な思いをしたんだなぁ…」



と、つぶやいていました。






           追記

「二男の進学問題 その2」の続きを読む

二男の進学問題

先週、三者面談があり、二男と三男を連れて中学校へ行かなければいけなかったのですが、二人共



「いかなーい」



と…




結局、私1人で中学校へ行って来ました。



三男は後1年あるのでまだいいとして、二男は進学先を決めないと…







先生は




「今の状態で定時制高校へ行っても、続かないでしょう。手帳があるならば、養護の分教室に行った方がいいと思いますよ」



と言っていて、今月中なら募集人数に達してなければ、進路相談に分教室へ行き、手続きを取れば入学出来るでしょうとのことでした。







私も今の状態では、健常者の子達と一緒の高校は無理だと思います。







二男にそれを伝えると、




「学校その物が嫌だ」



と言いました。






分教室は三人の様な子が行く学校なのと、先生方もちゃんと対処をしてくれる。





今の中学校とは違うので、その辺の違いが解れば良いのですが…




説明会に行かなかったのもいけないんですけどね









主人は子供達に対し、




「この先どうするんだ。考えろ」




と言い、何度となく言うので、二男は主人と接するのを嫌がりました。






説教が混じるので、尚更なのです。






夜、また二男に言い始めたので




「それ逆効果




と言いました。






何度言っても解らないんですよね…




「言わなきゃダメだろ」



と言うのですが、“言うな”とは私は言っていません。



顔を見ると思い出したかのように1日に何度も言われちゃ、誰だって嫌になるでしょう。






余計な事は言わず、単刀直入に分かりやすい言葉で言う。


そうしないと逆ギレ状態になってしまうのですから。








離婚話をした後、主人はアスペルガーの本を読み始めましたが、それも3日あったか無かったか。




気分で怒鳴る事をしなかったのも、2週間位だったか。




離婚話が無かったかのようにしている主人ですが、また以前と変わらない状態に戻りつつある事にも気付いていない。









人は簡単には変わらない、変われない。



ただ、習慣は変えられる。




習慣を変えれば、考え方や物の見方が変わってくる。



その習慣を変える事を定着させられるかどうかなんだと思うのです…







精神的障害などがある場合はまた難しいのだと思うのですが…



こだわりなどが混ざるので、習慣を変えるには誰かの手助けが必要になるのだと思います。






今の子供達はどうなのか…





と、ちょっと反省の三兄弟の母です


お米のとぎ方?

朝方まで起きて、ゲームをやっている子供達。



夜中や朝方にご飯を食べているようで、今日は炊飯器の中のご飯が空っぽになっていたので、「ご飯が食べれない」と言い出し、最初は私にご飯を炊けと言っていた二男。


「今やらないよ。自分でやったら



と言うと


「はいはい」



とすんなり返事をした二男。



(珍しい~)と母は思いながら、お釜を洗って、お米をとげる状態に…



すると



「何回とげばいいの



と聞くので



「四回位といで、その後はすすぎだけで…」



と言うと



「そっちじゃなくて、何分位とぐの



と…


「何分って… 分じゃなくて秒かな… 考えたことないからなぁ…」



「秒 じゃあ30秒位


「30秒くらいかなぁ…」



と、そんなやり取りをしました。



そこまで細かく考えた事もなかったので、ちょっと戸惑ってしまった母であります。




二男には、よく



「大ざっぱ過ぎ」



と言われるのですが



(君達が細かいんだって…)


と、いつも心の中で思っている母なのでした。




二男のその後

二男は中学校へ入学してから半年位の頃だったか、クラスのある男の子から“いじめ”を受けるようになりました。

「アイツ、キモイよな」

等と言われたり、何かにつけて突っかかってきたりされるようになり、喧嘩を売られて帰って来たこともあました。


ある日、顔に青アザをつくって帰ってきました。


話を聞くと、その男の子に殴られたんだとか・・・・


二男もその子に対して蹴飛ばしたりしていたのでお互いさまのようですが・・・・


担任の先生から電話があり、その男の子は他にも手を挙げてしまった子が居るらしく


「お詫びに伺うかもしれませんが・・・その時は私も一緒に行きますが・・・」


と先生


「お互いさまなので家は構いませんので・・・」


そう言って電話を切りました。


少しの間は何も言われずに平和な学校生活をおくっていた二男ですが、次第にまた言われるようになり・・・


いつの頃からか、予鈴のチァイムまでに学校へ行かずに10時・11時頃に登校するようになって行きました。


すると

「アイツまた遅刻してやんの」「ムカツクよな」

そう言われ始め、冬休みに入る前の最後の登校日にはクラスのほとんどの子がその子に便乗して二男に向かって同じように罵声を言い始めたそうです。


その日は担任の先生が私用でお休みだったせいもあり、余計にエスカレートしたんだと思います。

替わりにクラスを見ていた先生からの話だと

“周りの子達は二男に対して気を使って話しかけていましたよ。本人が“誰も近寄るなっ”と言う雰囲気で、机に伏せてしまっていた状態だった。”


と・・・


先生の言ってることも分からなくは無いんです。

二男は周りの雰囲気を読めず、自分の考えを主張してしまうところがあります。

でも二男の言っていることも分かるんです。

大人からしてみれば仲良くしているように見えても、実は“いじめ”ている。

そんな光景は良くあることですから・・・・



二男は冬休みが明けてから、中学校へは行っていません。


担任の先生が二男の顔を見に何回か家に来ました。

その際に

「保健室登校でもいいから学校へ来たら

と二男に言います。


二男は

「ムリ~~~~~


といつも言います。



二男は学校へ行く替わりにサポートセンターへ長男と通い始めました。


学年が変わり、2年生になった時に中学校へ行ければ・・・・・


三兄弟の母とサポートセンターの先生もそう願っているのですが、本人は


最初のクラス発表の日は行けないな。皆と顔を合わせなきゃ行けないから・・・・
でも、行ったらいったで、誰かが前にあった事を言い出して、同じ事の繰り返しになるだけだし・・・・



そう言います。


確かにそうならない保証はどこにもありません。



“どうしたものか・・・・・”


と、日々悩んでしまう三兄弟の母でした・・・・・




二男の憂鬱?

二男が三年生の時に今の学校へ転校してから今まで、ずっと同じクラスになっている男の子がいます。

その子は二男が四年生の後半から登校拒否(過去記事我が家のケースで)になり、“自分が何とかしてあげなくちゃ・・・・”と、二男に対していろいろと世話をしてくれました。

その甲斐あって、二男はその子に心を開くようになり、“親友が出来たにっこり”と言って、学校jumee☆school1に行くことをとても楽しみにするようになりました・・・


年月を重ねれば、お互いに良い面・悪い面も見えてきますし、他の人には言わなくても言える言葉など、小学生なら尚更隠さずに自分の気持ちをぶつけるようになると思うんです。



そんな中で、数日前、二男が


「〇〇くんがさぁ・・・・  オレの悪口言うんだよね。
  後ろの席の△△くんに 「あいつ(二男)の顔キモイよな」とか言うんだよ」


「で、「なんかしたのかよ」って言うと、「うるさいっ怒」とか言って来るんだよ。 こっちもムカつくから「うるさいっ怒」って言い返して、しばらくそれの繰り返しなんだよね。」


「昨日はほんとにムカついたから“これ以上なんか言ったらぶん殴ってやろう”って思ったんだけど、何も言わなかったから殴らなかったけど・・・・・」


と、その子との出来事を話し始めました。

以前にも同じような事を言っていたんで、


「そーいうふうに言ってる時の〇〇くんって、機嫌が悪い時じゃない・?


と聞くと

「さぁ・・・・」


と首を傾げる




「仲が良いから、機嫌が悪い時についつい当たっちゃうんじゃないの・?


と言うと



「なんでオレになの・?

と、二男はそういう心理は理解できないようです。


「○○くんって何型・?

と、とっさに血液型を聞いてしまった・・・・



「確かB型だったよ」


「なるほどね・・・・・  B型は気分でそうなったりするから。
        “機嫌が悪いなぁ”と思ったら近寄らないことだよ」


「そんな気分でそんなんなったりするの・?

と二男


「B型はそんなもんだよ」  (B型の方、すみません汗)


と、血液型で安易に判断してはいけないと思いつつも、そんな返答しか出来なかった私でした・・・・・



すると翌日

「やっぱり○○くんって気分によってみたいだね・・・・」

と、○○くんの心理状態を観察してきたようです。


自分以外の他の子の精神状態を察知するなんて、二男は今まで気にした事が無かったので、ひとつ成長した!?のかな冷汗1




休み時間など、二男はその○○くんが遊びに誘ってくれないと、一人で宿題をやっていたり寝ていたりするそうで、他の子と遊ぶことはしないんだとか・・・・


「何で・?  寂しくないの・?

と聞くと


「めんどくさいって言うか、他の人に声かけるとか、そこまでするなら「もういいや・・・」って感じだから」


そんな返答でした。



担任の先生は「○○くんとばかり付き合っているのではなく、もっといろんな子と関わって欲しい」と言っていて、二男にも○○くんにもそれを伝えていました。


そのこともあって○○くんは二男に対して冷たくしたりするのかな・・・等とも思いましたが、どうやらそれは無さそう・・・・・汗


「先生もそー言ってるんだから、「オレも入れてよ」って他の子のところに行けば・?

と言うと


「前よりも全然いろんな人としゃべってるし、□□くんとも話すようになったもん                           だからいいんだよ 」


「だからいいって・・・・   そー言うことじゃなくてさぁ・・・・・」



「寂しいじゃん・・・・・・  お母さんはそう思う」



二男は苦笑いをしてました。


 

二男の夢は“誰一人として自分の悪口を言わない”ことなんだそうです。

皆が皆、自分を受け入れてくれるとは限らない。

見に沁みて痛感しているからこその言葉なんでしょうね・・・・・



それを聞いた時、胸が詰まる思いがしました・・・・・・・



カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

人気ブログランキング

参加中! 1日1回づつクリックしてねっ!!(^-^)

ブログ内検索

カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

三兄弟の母

Author:三兄弟の母
アスペルガーをもつ三人の男の子の母
年齢 な・い・しょっ☆
血液型 A型


只今、怪我療養中・・・

日々格闘中?!から日々成長中?!へ(^^)



B’z好きの母であります♪



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
2958位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
640位
アクセスランキングを見る>>

FC2アクセスランキング

グリムス

Twitter

ボットチェッカー

携帯用QRコード

QRコード

FC2ブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。