鉄欠乏性貧血になってしまいました

 パート先の健康診断が八月にあり、検査結果の血液検査の項目で【治療を受けて下さい】と出ており、去年の検査結果は【経過を見て下さい】だったので、進行してしまったようです…



検査結果を持参して近所にある内科へ行き、


「詳しく調べましょう」



と言われ、再検査となりました。



二日前、その検査結果を聞きに病院へ。



血色素量が健康診断の時よりも更に0.2減っていて、


「改善される予知はないね」

「食べ物で補える程度じゃないから、鉄剤を飲みましょう。標準値の最低限の数値まで戻せるようにしましょうね。四ヶ月くらいは通って下さいね」



そう医師に言われ、鉄剤と胃薬を処方されました。


鉄剤はフェロミア錠50mgを寝る前に1錠、胃薬はマグラックス錠500mgで、飲み合わせが悪いからと、朝食後に1錠飲むように処方をされました。



以前、尿管結石になった時、「鉄剤は石を作りやすくしてしまう」と言われた事があったので、クエン酸系の鉄剤なので大丈夫かな…などと思っているのですが…


とりあえず、来月、薬を処方して貰いに行く時に聞いてみようと思ってます。




その医師によると、立ちくらみは貧血からではなく、脳に酸素が行き渡っていない、脳が一瞬、酸欠状態になりクラッとくるのだそう。


貧血の症状とすると、めまい、息切れ、動悸、喉が乾くなどだそうです。


立ちくらみは貧血も1つの要因にはなるのかもしれませんが、他に原因があるのかもしれませんね。


子宮内膜症や子宮筋腫が原因で貧血になってしまう場合もあるので、その場合はそちらを治療しないと貧血は治らないと言うことですし…


私自身、内膜症と筋腫もあったので、触診をされ、大丈夫そうだと言うことでした。



もともとかなりの偏食なので、若いときから貧血とは切っても切れない関係のようなものでして…



市販の鉄剤をたまに買って飲んだりもしたのですが、やはり進行してしまうとダメですね



鉄は体の中で蓄えている貯蔵鉄と言うものがあるそうで、その貯蔵鉄自体も測定不能、無いと言う結果が出てしまい、鉄分が不足した時に貯蔵鉄から鉄分を出し、鉄不足を解消するのですが、それも出しきっちゃっている状態なのだとか…



「これ以上進行すると立てなくなるからね」



と医師に言われ、今の段階で発見出来たので、これ以上の進行は抑えられるのだと思うと、ホッとしてます


やはり健診は大事なんだなぁ…と、つくづく思ってしまいました。


パートでも健診をしてもらえるところで良かったと、改めて思いました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

人気ブログランキング

参加中! 1日1回づつクリックしてねっ!!(^-^)

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

三兄弟の母

Author:三兄弟の母
アスペルガーをもつ三人の男子の母
年齢 な・い・しょっ☆
血液型 A型


只今、怪我療養中・・・

日々格闘中?!から日々成長中?!へ(^^)



B’z好きの母であります♪



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
2103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
481位
アクセスランキングを見る>>

FC2アクセスランキング

グリムス

Twitter

ボットチェッカー

携帯用QRコード

QRコード

FC2ブックマーク