スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養護学校と言うリスク

二男が「養護学校には行かない」と言い始めた。



「今更何言ってんの」


と呆気にとられてしまいました。





“養護学校卒業と言うだけで、社会に出た時に給料が下がる、白い目で視られる。”

それが嫌だと言った。






主人が養護学校に通えばそうなると言ったことがあり、その言葉に過剰に反応したようです。



“養護学校に通っている”“養護学校を卒業した”


そう聞くだけで、障害の重度やどんな障害なのかは関係無く“障がい者”と言うひとくくりの枠に納めてしまう。



確かに養護学校は身体的な障害のある子や重度の精神障害を抱えた子が行く学校ですが、現在は行き場を無くし、精神的に通常の学校へ通えなくなった子も養護学校へ通うようになって来ている。



いじめ等で通常の学校へ通えなくなった子はアスペルガーをもっていたり、ADHDをもっていたりと精神障害の子が多いようです。



そう言った軽度障害の子は自分達がどんな目で視られているかも理解している。


障害者枠で就職が出来るが、そうせず一般者枠で就職探しも出来る。

二男は履歴書に“養護学校卒業”と書くのは嫌だと言った。



「養護学校でも、卒業していればいいんだよ。中退の方がもっとリスクがある。卒業した後、職業訓練校に通って技術を身に付ければいいんだし」





私は二男にそう言いました。




二男は納得出来ないようでしたが、養護学校には通うと渋々了承しました。



何かあると「養護学校には行かない」と言い始めるようにはなってしまいましたが…





養護学校へ通う子供達が増えている中、社会の反応は相変わらず変わらない。



就職探しが困難な時代。




障害者枠で就職先を見付けた方が有利だと医師は言いました。



どちらが良いのか、私には分かりません。




社会が、世の中が子供達の現状をもっと理解を示さない限り、変わらないのかもしれません…



スポンサーサイト

コメント

こんばんは。ご無沙汰しております。(^^ゞ
こういった偏見というか、正しくない理解の仕方が正しいほうへむいていくといいですね。。
養護学校がどういうところなのか、きちんと情報が行き届いていないことも誤解される一因。
こうしてブログで情報発信されることで、読んだ人は理解が深まって、いつか社会も変わっていくと思います。
  • 2012-04-12 22:39
  • URL
  • 梅 #-
  • Edit

梅 さん

ご訪問・コメントありがとうございますm(__)m


お久しぶりです

養護学校は重度の障害のある子が行く学校だと言う概念が未だにあるのが現状。

その一方で、軽度の障害を持つ子が養護学校へ通う人数も年々増えて居るのも事実。


養護学校と言う呼び名を支援級と変えている所もあります。


いずれは社会の見方も変わるかもしれませんが、もっと軽度障害について世間は知る必要があるのだと思ってしまいます…

と、偉そうな事を思ってしまいました

  • 2012-04-19 23:10
  • URL
  • 三兄弟の母 #-
  • Edit

こんにちは。
先ほどコメントした冰雨です^^;
障がいのある子供が社会に適応していこうと努力している中で、今ある社会は障がいのある方に対して心遣いが足りない気がします。
バリアフリーとか、身体障害をかかえている方への配慮は進んでいますが、発達障害系を抱えている方に対しての気配りは…進んでいると思いますがまだまだだと思います。
「障がい者」というレッテルを貼られてしまうと、少なからず世間はそういう目で見るし、けれど安定して生活するためにはそうしなければならないこともあるし…。
とても難しい問題ですよね。
軽度障害を持っている子はどうしても「怠けもの」とか「変わり者」とか思われて、先生や周囲の大人からも無理な押し付けをされていることがあるようです。
やっぱり周りから変わっていかなくては!と、この記事を見て改めて思いました。
  • 2012-04-29 20:12
  • URL
  • 冰雨 #-
  • Edit

冰雨 さん

コメントありがとうございますv-290

バリアフリーと言う言葉も浸透してきてはいますが、まだまだ不便さはあると思います。

見た目で判断できない発達障害や精神障害を抱えていても、見た目では分からないから「怠け者」や「変わり者」扱いされてしまう。

重度障害に対してはなんとなく分かっても、軽度障害に対してはどんな事を軽度障害と言うのか、どんな障害なのかすら知らない人の方が多いのかもしれません。


一時的なものから遺伝的なものもあり、軽度障害の症状に悩まされている方が増えていることすら知らない。

知らなくても支障はないのかもしれません。

ですが、「変わり者」と言われる方って、案外自分の周りに居たりするんですよね。

「関係ないわ」で終わってしまうのかもしれませんが・・・


病気とは無縁だと思っていても、精神科の医師から診れば何かしらの診断名がつくかもしれません。

ヤブ医者だととるか、その診断名に興味を持つか・・・


それ位、身近にある障害なんだと知ってもらえればと、常に思ってしまいます・・・


  • 2012-05-01 10:43
  • URL
  • 三兄弟の母 #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

人気ブログランキング

参加中! 1日1回づつクリックしてねっ!!(^-^)

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

三兄弟の母

Author:三兄弟の母
アスペルガーをもつ三人の男子の母
年齢 な・い・しょっ☆
血液型 A型


初心者ライター(sora)としてサイト内での記事を執筆中


日々格闘中?!から日々成長中?!へ(^^)



B’z好きの母であります♪



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
4398位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
1107位
アクセスランキングを見る>>

FC2アクセスランキング

グリムス

Twitter

ボットチェッカー

携帯用QRコード

QRコード

FC2ブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。