電子書籍出版  (^O^)/

この度、やっと電子書籍として出版いたしました


書籍本として出版してみたいと思い、2つの出版会社へ原稿を投稿したところ、2社とも自費出版を勧められました。


お金が無いので自費出版は無理と諦め、それでもどうしても“読んでもらいたい”と言う思いが強く、無い頭で必死で考え、とりあえず、某雑誌のノンフィクション記事として投稿。


掲載される気配すらなく、“やっぱり書籍として出したい”と言う思いが強くなり、電子書籍として出版することにしました。



ブログ記事として載せていない内容もあるので、是非読んでみてやって下さいっ



今後の参考にしたいので、ご意見・ご感想もお寄せ頂けたらと思っています。



でじたる書房
http://www.digbook.jp





アスペルガー症候群(いたずらBoy's 三人の子供達) 【でじブック形式】
http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/14876





アスペルガー症候群(いたずらBoy's 三人の子供達) 【PDF形式】
http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/14877






電子書籍・電子出版エージェントのでじたる書房


アスペルガー症候群(いたずらBoy's 三人の子供達) 【でじブック形式】

アスペルガー症候群(いたずらBoy's 三人の子供達) 【PDF形式】




スポンサーサイト

その後と講座内容

離婚を切り出した次の日、主人は


「考え直せないか」


などと言って来ました。



「子供達と離れたくない」



とも。



「それは無理。離婚はします。子供達を連れて、家を出ます。」




そうはっきりと言いました。



ですが主人は同じ様なことを何度も言って来ます。



「何度も言ってるでしょうが。離婚はします。家も出ます。」



と、言われる度にそう言い返しました。



すると、



「子供達を頼む。20年間ありがとな」


そう言って来ました。



そんな言葉や主人自身を素直に受け入れられる程、私の器は大きくない。



同じ様な事を以前にも繰り返し、その度に絶望や苦しみを味わって来た。



今の私のには、“やっとその絶望や苦しみから解放される”としか思っていない。



次の日だったか



「離婚はしても、一緒に住む事は出来ないのか」



そんな事を言って来ました。


“あり得ない…”



「それは無理。子供達と家を出ます。」



そう言うと



「俺1人で住むにはこの家は広過ぎる。住む所が見付からないなら、金が貯まったら、俺が家を出ていくから」



「もしそうなったとしても、名義変更は出来ないし、ローンも払えない」



そう言うと



「名義もそのままで、ローンは俺が払うから」



そう言って来ました。



そうしてくれるのなら、それが一番良い方法だと思う。



ですが、主人は今はそう言う気持ちでも、いつ変わるか解らないのです。



離婚後、年月が経ち、



「やっぱり俺の家なんだから、出ていけ」



と、言い出し兼ねないのです。



公正証書として、きちんと書面にして残して置けば別ですが…



このままこの家にいる事にすると、多分しょっちゅう来るでしょう。




再婚相手でも見付かれば、パタリと来なくなると思いますが、その代わり、住み続ける事が出来なくなる可能性が出てくるでしょう。



子供達とわんこと住める場所を探し、見付かった時にどうするか考えることにして、とにかく区役所へ行って相談をして来ます。



区役所には電話で相談をしたので、その時に


「離婚後でないと免除や支援が出来ないのですが、離婚前でもこちらに入らして下さい。詳しくお話出来ますので」



そう言われているので、明日のシフトを替わってもらい、区役所へ行く予定です。






14日の離婚の法律知識の講座にも行って来ました。



女性弁護士さんが分かりやすく教えてくれました。


ある程度の事はネットで調べて知っていたのですが、“なるほど…”と、納得出来ました。



その女性弁護士さんが、気さくな方で、はっきりと言う方なのですが、嫌みが無く、私自身はとても好感度が高かったです。


夫婦間では、モラルハラスメントとDVは同じ対処の仕方でした。



DVで、言葉の暴力や態度等で精神的苦痛を味わう事もあるし、モラルハラスメントも同じように言葉の暴力等で精神的苦痛を味わう。


精神的な被害を受けるのには変わりはないからかな…

どちらにせよ、とにかく早目に警察を呼びなさいと言うことでした。


警察を呼ぶ事で、事実として記録に残す事が大事なのだそうです。



警察を呼んでしまうと後が怖い…


そう思ってしまう方もいるでしょう。


保護命令(DV法)と言うのがあるので、とにかく役所や弁護士さん等に相談に行くのが良いと思います。


保護命令を申し立てるのは、地方裁判所です。




と言った事も講座で教えてもらいました


離婚に向けて

以前主人が

「お前の仕事の休みの前の日にどうしたいのか話し合うからな」



と言っていて、昨晩、やはり私に聞きに来ました。


「どうするかって、離婚でしょ。離婚しかないでしょ」



「修復とかは考えてないんだ」



と言った主人。



“この数ヶ月、修復どころか状況は悪化しているのに、何を今更言っているのか…”



「もう、無理でしょ」



「マンションは私の権利にしてもらえないのなら、調停立てるから」



そう言うと


「ローン等の借り入れも折半するんだからな」


などと言い出し、



「携帯もだからな」


などと言って来ました。



“住宅ローンは、私は家を貰わないので残りの返済負担をする必要はない。”


“他にある借り入れは債務整理をすればいい。”



それを言うと



「債務整理をしたら、他に借り入れ出来なくなるだろ」


と言ったので


「債務整理と自己破産は別の話」



結局は物やお金になるんだな…と思ってしまった。




「俺のどこが悪かったの


と聞いて来ました。


「は


と言うと、


「今後の参考の為に…」



「そんなもんしるかっ。今までずっと言って来た事なんだから、自分で考えたら。私は先の事を考えなきゃいけないんだから」



“あり得ない…”



益々思ってしまいました。



昨日、長男には先に話して置きました。


長男は父親と離れると言う事よりも、“PS3はどうなるんだ パソコンは テレビは”と物の心配だけでした。


その後、二男にも話をしたのですが、やはり長男と同じ反応。


二男は


「住むなら田舎がいい」


などと言っています。


三男は寝ていたので主人から聞いたよう。



長男と二男に


「お父さんは、もうこの状況が嫌なんだって。はっきりさせて、離婚するなら離婚をして、再婚相手を見付けたいんだって」



と、話していたので、それを聞いたらしく


「俺のせいにするな。元々はお前のせいだろ」



と…



“そう言ったのは事実でしょうが…”



イチイチ弁解する気にもなれないし、するつもりもないので黙ってました。




離婚を切り出したからには、離婚に向けて準備をしないと、嫌みなどを言われるでしょう。





「いつ離婚届けを出すんだ」


とも言っていました。



最後まで全部私に押し付けて、責任逃れをする人なんだなと、呆れる一方です。

ですが、今回はそちらの方が有利かな…


「養育費なんて払えないからな。わかってんだろうな」



と言う主人。


「確かに今の状態じゃ、払えないでしょうね」


と言いました。



離婚調停にしたら、有利なのは私の方。


離婚届けをいつ出すか、いつ出せるかを決められるのだから…



お米のとぎ方?

朝方まで起きて、ゲームをやっている子供達。



夜中や朝方にご飯を食べているようで、今日は炊飯器の中のご飯が空っぽになっていたので、「ご飯が食べれない」と言い出し、最初は私にご飯を炊けと言っていた二男。


「今やらないよ。自分でやったら



と言うと


「はいはい」



とすんなり返事をした二男。



(珍しい~)と母は思いながら、お釜を洗って、お米をとげる状態に…



すると



「何回とげばいいの



と聞くので



「四回位といで、その後はすすぎだけで…」



と言うと



「そっちじゃなくて、何分位とぐの



と…


「何分って… 分じゃなくて秒かな… 考えたことないからなぁ…」



「秒 じゃあ30秒位


「30秒くらいかなぁ…」



と、そんなやり取りをしました。



そこまで細かく考えた事もなかったので、ちょっと戸惑ってしまった母であります。




二男には、よく



「大ざっぱ過ぎ」



と言われるのですが



(君達が細かいんだって…)


と、いつも心の中で思っている母なのでした。




カウンター

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

人気ブログランキング

参加中! 1日1回づつクリックしてねっ!!(^-^)

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

三兄弟の母

Author:三兄弟の母
アスペルガーをもつ三人の男子の母
年齢 な・い・しょっ☆
血液型 A型


初心者ライター(sora)としてサイト内での記事を執筆中


日々格闘中?!から日々成長中?!へ(^^)



B’z好きの母であります♪



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
2679位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
672位
アクセスランキングを見る>>

FC2アクセスランキング

グリムス

Twitter

ボットチェッカー

携帯用QRコード

QRコード

FC2ブックマーク