我が家のケース  その3(長男2)

小5になり、市外へ引っ越す事が決まり、長男は学校で問題を起こすことが多くなりました。

一番酷かったのが、休み時間に六年生と校庭の場所取りで揉めた後、昇降口にある傘立てをひっくり返し、鉢植えを全部倒し、用務員さんに叱られて、そのまま家へ帰って来てしまいました。


夏休みの間に今の新居へ引っ越しをし、二学期から新しい小学校へ転校したんですが、同じクラスになった子供達は長男を受け入れてくれませんでした。

幼稚園の頃から仲よくしていた友達と離れてしまい、新しい学校では自分の居場所が作れずに、坂道を転がるように落ちて行きました・・・・。

クラスに行くことを嫌がり、保健室や校長室に居たりしていましたが、思い通りにならないとイスを投げつけたり、職員室のドアのガラスを叩き割った事もありました。


新しい学校ではスクールカウンセラーの先生がその当時はいなかったので、「総合教育センターへ相談に行ってみては・・・」と言われ、そちらへ通うようになりました。

その時にもう一度知能検査を受けて、「アスペルガーの症状が一番強いと思います」と言われました。


「自分だけの先生が欲しい」と長男は私に言ったので、六年生になり、個別級へ入りました。

信頼できる先生に恵まれ、自分の居場所も出来たのですが、それでもその当時は週に3日、学校に行けば良い方でした。

教育センターのカウンセラーの先生には「アスペルガーの子は一生懸命になり過ぎるところがあるんです。健常な子に比べて、アスペルガーの子は2倍の神経を使うと思って下さい。そんな中で5日間学校に行くのは苦痛の何物でもないんです。週に2日、休みをとるのはどうでしょうか・?“この日は休んでいいから、それ以外は休まない”と言う決まりを作って・・・・」そう言われ、長男の担当の先生に相談をし、先生は余り良い返事をしませんでしたが、私は実行してみました。


最初は良かったのですが、「明日行くから今日は休ませて・・・」と言うようになって行きました。

その頃から、カウンセラーの方と先生との意見の食い違いが出始めて、カウンセラーの方は現状を重視した対応を、学校の先生は先を見た対応を・・・・・というように、板挟み・?になっていたんです。

どちらも大事だし、どちらも正当なんですよね・・・・・。


教育センターへは長男は心のケアで週1回通っていたんですが、「遊ぶことしかしないし、行ってもつまんない」と言って、センターへ行くことが少なくなって行きました。

精神的に成長した・?と言うことで、センターはとりあえず卒業にしました。


なかなか学校へ行こうとしない長男を、先生は家まで迎えに来てくれたりと、信頼関係も出来て、相変わらず一週間のうちに何日かは休んでしまう事もありましたが、なんとか卒業までいたりましたが・・・・。


卒業式に行くのを嫌がったんです。

先生と離れてしまうのが嫌だったんですよ・・・・・。


卒業式が終わってから、校長室で長男一人だけの卒業式をしてくれました。

校長先生も何度か話し合いを持ってくれたりと、学校全体で長男をサポートしてくれていたんで、私にとっても忘れられない特別な卒業式になりました・・・・。


中学の個別級に進学して、最初の3週間で長男は学校に行かなくなりました。

登下校の途中でからかわれたり、仮入部をしていた部活の中では「喧嘩しようぜー」と小学校の時からからかわれていた子と、二年生などが混じって長男を取り囲んだり・・・・。

本人は「先生に何度も言ったんだよ・!それでも何もしてくれなかった。学校が悪い・!あんな学校二度と行くもんかびっくり」と・・・・・・・・

学校の先生と信頼関係が出来る前に行かなくなってしまったんで、長男にとっては不信感しかないんだと思います。


個別級の先生から「区の相談所へ行ってみては・?」と言われ、そこで教育支援センターを紹介され、週に1回、通うようになりました。


中2になった現在、中学校にはまだ一度も行っていません・・・・・・。

学校を変えることも視野に入れて、教育支援センターの先生に相談しながら考えて行こうと思っています。


スポンサーサイト

我が家のケース  その2 (長男)

子供達は三人とも軽度の障害になりますけど、その中では長男が一番症状が強いと思います。

どんな様子で今に至ったか、ちょっと書いてみます。



長男が2歳の時に、二男が産まれ、その頃ちょうど「ママ」「ブーブー」と二語文が出てきていたんですが、二男が産まれてから、それ以上の言葉がなかなか出てきませんでした。私たちは「赤ちゃん返り」をしているのだろう・・・・そう思っていました。
(今思うと、その時期に自閉の傾向が出ていたのかもしれませんね・・・・・・。)


三歳半検診で、言葉の発達に問題があると個別にカウンセリングをされましたが、三年保育で幼稚園に入ることが決まっていたんで、「自然に言葉も出てくるようになるでしょう。それでも言葉の遅れがあるようならば相談に来て下さい。」と言われました。

幼稚園に入り、言われたように言葉も話せるようになりましたが、、自分の気持ちを言葉にする事が出来ずに一緒にいる子を「噛む」と言う行動がでるようになりました。


幼稚園を卒業する頃には言葉も達者になり、「噛む」と言う行動もなくなり、何事もなく小学校へ入学しました。


そんな中、小2の終り頃、クラスの子の消しゴムを盗むと言う「盗癖」が出てきました。
本人は「落ちてたんだよ。落ちてたんだからいいんじゃないの・?」と・・・・。
確かに落としても拾わない子もいるんですよね。
 「でも名前が書いてあるんだから、ちゃんとその子にかえさなきゃ・・・・」と言い聞かせ、その時はなんとか納まりましたが・・・・・。

今度はクラスの子のホッチキスの針を盗ったと、担任の先生から電話が掛かってきました。
本人は「これ、もういらないや」と言って、その子が机の上にポンと置いたらしいんです。「いらないって言ったんだから、もらっちゃいけないの・?」と・・・・・。

「それはもらったことにはならないでしょ・?黙って取ったら盗んだことになっちゃうんだよ。その子にちゃんと「もらっていい・?」って聞かなきゃ・・・・」と、言い聞かせました。


小3で、集団行動が出来ない事が目立ち始め、先生から「私ひとりでは面倒見切れなくなってしまう事があります」「ADHDではないかと思いますが・・・・」とはっきりと言われました。

その学校では教育センターの心理カウンセラーの方が週に一度、学校へ来て、生徒や親、教師のカウンセリングをしてくれる「心の相談室」があったので、「そちらへ相談してみては」と言われ、三か月くらいだったか、通いました。

小4になり、随分落ち着いてきたと思っていた矢先に、クラスの子に怪我をさせてしまいました。
カッとなった拍子に持っていた鉛筆がその子の耳に当たり、擦り傷を作ってしまったんです。

病院へ行く程の怪我ではなかったんですが、前にもその子には「噛む」と言う行動をしてしまった事があったんで、その子のお母さんに本人を連れて謝りに行きました。
その時に「ありえないびっくり私の国ではそんな子いません。うちの子は決して人に危害を与えたりなんかしませんびっくり」と、思いっきり罵られました。
その子のお母さんは、日本の方ではなかったので、「私の国」と言う言葉が出たんだと思います。
「長男は自分の意思をコントロールする事が上手くできないんです・・・・・」と言っても、ただの言い訳としかとらえてもらえず、「私が謝ることで、長男の居場所がなくならずに済むのなら・・・・」と平謝りしていました。


「このままではいけない・・・・・」そう思い、自分なりに調べて大学病院へ問い合わせをし、「カウンセリングかなにかしたことがありますか」と聞かれ、前に学校で心の教室に通っていたことを話したら、「その先生から紹介状をもらってきて下さい」と言われました。
(紹介状があるのとないのとでは金額に大きく差が出てしまうんだとか・・・・・)

心の教室のカウンセラーの先生に話をした所、「しばらく間が空いてしまっているんで、最近の様子をお話しに来てくれませんか・?」と言われ、再び心の教室へと通う事になりました。

そのカウンセラーの先生は、今思うと私自身をカウンセリングしなくては・・・・と思ったんだと思います。
その当時、一種の対人恐怖症のようになってしまってたんで・・・・・・。



紹介状を持参して、長男の頭部のMRIと知能検査をし、その時に現在通院している医師に出会ったんです。


最初の診断ではADHD、アスペルガー、自閉症、学習障害のLDと診断されました。



我が家のケース  その1

我が家で昨日あった出来事です。


主人が帰って来て、晩御飯を食べてる時に「風呂やったか・?」  と主人

我が家はお風呂掃除を子供達が順番にやることになっている・?んで、昨日は三男の番でした。

「やってないんじゃない・?」  と私

   三男慌ててお風呂場に行く

「ゲームばっかりやってないで、お母さんの手伝いをしろびっくり」   と主人

「何が・?」    と三男

「だからー、風呂だよ」      と二男

「何かちゃんと言ってくれないと分かんないんだよびっくり」     と三男




要するに「お母さんの手伝い=お風呂洗い」にならないんです。


その日の晩・・・・・・


「明日早く起こしてねーびっくり」    

「でもお母さん、ちゃんと起こしてくれないからなぁ・・・・。しゅごキャラの時しか起こしてくれないし。その前のブルードラゴンが見たいんだから」       と長男


中2にもなってアニメとは・・・  と言う私もしゅごキャラにハマってるんですけどね汗1


「そんなのわかんないよ・!見たいなら自分で起きなさいよびっくり」      と私


すると長男


「なんでだよびっくりお母さんのバーカびっくりお母さんなんか死ねびっくり怒



と、早く起きれないのは私のせいになってしまうんです・・・・・


結局、今朝は長男が一番早く起きていましたけどね汗1

アスペルガー症候群の診断基準(ICD-10)

1. 話し言葉、理解言語、ないし認知的発達には、臨床的に問題となる全般的遅れはない

 診断には、2歳までには単語を発達させ、3歳までには医師を伝えるために語句を用いることを要件とする。生後3年までの身辺処理技能、適応的行動、周囲への好奇心は、正常の知的発達に見合ったレベルにあると見られる。ただし、運動能力の発達指標はいくぶん遅れることがあり、通例は運動の不器用さがある(ただし診断に必須の特徴ではない)。何年か特に優れた技能を持つこともあり、それに異常に没頭することが多いが、診断の要件ではない。

2. 人との社会的相互作用の質的な異常がある。(次のうち少なくとも2領域)

(a) 社会的相互作用において、視野の交換・表情・姿勢・身振りなどを適切に用いることができない。

(b) 互いの興味・活動・感情を共有するような友達との関係を(十分な機会があっても、地的な発達年齢に見合ったやり方で)発展させることができない。

(c) 他人の感情への反応の不足や偏りに見られるように、社会的・感情的な相互のかかわりを持てない、または社会的状況に応じて行動を変化させない、または社会的・感情的・コミュニケーション行動のまとまりが不十分である。

(d) 楽しみ・興味・自分が達成したことなどを、ほかの人と自然に共有しようとしない(たとえば、興味をもったものを他人に見せたり、もってきたり、指差したりしない)。


3. 普通以上に熱心に限られた範囲への興味を示す、もしくは限定的・反復的・固定的な行動・興味・活動のパターンを示す。(次のうち少なくとも2領域)

(a) 1つもしくはそれ以上の固定的・限定的な興味のパターンによる、限られた範囲への没頭。興味の内容や焦点は普通だが、興味のパターンが異常に熱心で範囲が限られている。

(b) ある一定の有用性を欠いた生活上の決まり、もしくは儀式的行動への明らかに強迫的な固執。

(c) 手をバタバタさせたり指をひねったりする、あるいは全身の複雑な動きなど、固定的・反復的に見られる習癖的な身体の動き。

(d) ものの一部や、遊具の機能には関係ない要素(においや表面の感触、その遊具から出る音や振動など)への没頭。






                 出典:WHO(世界保健機構) (1993)



       アスペルガー症候群がわかる本   より引用

アスペルガー障害(アスペルガー症候群)の診断基準(DSM-Ⅳ)

1、社会的相互作用における質的な障害(次のうち少なくとも2つに現れる)

(a) 視野の接触・表情・姿勢・身振りなど、社会的相互作用を調整するための多様な非言語的表現の使用に著しい障害がある。

(b) 発達レベルに応じた友達との関係を築くことができない。

(c) 楽しみ・興味・自分が達成したことなどを、足りんと自然に共有しようとしない(たとえば、興味を持ったものを他人に見せたり、持ってきたり、指差したりしない)。

(d) 人との社会的・感情的な相互作用がない。


2、 限定的・反復的・固定的な行動・興味・活動のパターン(次のうち少なくとも1つに現れる)

(a) 1つもしくはそれ以上の固定的・限定的な興味のパターンに没頭し、その熱心さや興味の重点が異常である。

(b) ある一定の有用性を欠いた生活上の決まり、もしくは儀式的行動への、明らかに柔軟性を欠いた固執。

(c) 固定的・反復的に見られる習癖的な身体の動き(たとえば、手をバタバタさせたり、指をひねったりする、全身の複雑な動きなど)。

(d) ものの一部にいつまでも没頭する。


3、 その障害のため、その人の活動する社会的・職業的・その他の重要な領域で、臨床上問題となるまでの支障が生じている。

4、 臨床上問題となるような言語の全般的な遅れはない(たとえば、2歳までに単語を話したり、3歳までに意思を伝える言語を用いたりする)。

5、 認知的発達もしくは、年齢相応の身辺処理技能・適応行動(社会的相互作用を除く)、小児期の周囲に対する関心の持ち方に、臨床上問題となるような遅れはない。

6、 他の特定の発達障害や統合失調症の診断基準を満たさない。






        出典:APA(アメリカ精神医学会) (1994)



      アスペルガー症候群がわかる本    より引用




アスペルガー症候群

アスペルガー症候群についてもう少し詳しく書いてみたいと思います。

まずはこちらを↓

BIGLOBE 百科事典  アスペルガー症候群

なんだか難しくて分からない・・・汗
って方の為に・・・・・



アスペルガー症候群の診断基準

国際的に広く使われている診断基準にはアメリカ精神医学会が編集したDSM-ⅣやWHO(世界保健機関)が作成したICD-10などがあります。
しかしながら、この二つでも、たとえばADHDをどうとらえるかは微妙に異なり、どの程度で診断基準の項目にあてはめるかという判断は、専門医によって違う場合もあります。特に軽度の症状の場合には、診断に差が出ることは避けられません。


アスペルガー症候群の症状と特徴

1. 対人関係がうまくいかない

対人面に問題があるといっても、人との関わりが持てない程の障害ではありません。コミュニケーションの不器用さ、不適切さと言った方がふさわしいでしょう。先生とはこのくらいの親しさ、いつも遊んでいる子だったらこんな言葉使い、上級生のお兄さんにはちょっと遠慮して、などというように、相手によってほどよい付き合い上の距離感をとることや、今は先生が不機嫌そうだからおとなしくしていようなどと、その場の雰囲気を読んで状況に合わせて行動を調整していくことができません。

●対人関係が不器用
自分を受け入れてくれる少人数の友達や大人とはコミュニケーションがとりやすく、特に、自分の話を聞いて合わせてくれる大人とはよく話をするので、個別の面接では、コミュニケーションの問題に気付かれない場合も多々あります。
自分が興味を持っていることに関しては、比較的大勢とでもコミュニケーションがとれます。しかし、ADHD症状が加わると、好きな仲間に会っただけで興奮し、してはいけないことを次々にしてしまうことがあります。自分が好きな子供には、相手が嫌がっても、ベタベタ抱きついてしまいます。一方で、友達に自分から声を掛けて遊べない、誘われた時も知らん顔をしたりして、友達同士の付き合いのタイミングや距離感がうまくつかめません。

●他人の感情が理解できない
他人の気持ちに鈍感で、相手が嫌がっていても気づきません。逆に、相手が自分に示す反応に対しては過敏になり、相手が横を向いただけで自分を嫌っていると思いこんだりします。また相手の気持ちに共感することが苦手です。

●アイコンタクト(視線をうまく使うこと)や、身振り、表情がとぼしい、奇妙な身振りをする
視野がやや合いにくい、表情がとぼしく、奇妙な身振りをすることがあります。アスペルガー症候群の子供は言葉は達者なので、こちらの質問にちゃんと言葉で答えられると、視線がそれていることに気づかないことがありますが、よく観察してみると、普通の子供とはいくぶん異なる印象があります。ときおりチラッと相手を見るだけで、だいたいはあたりをフラフラと見ていたり、また相手をジッと見つめすぎる子もいます。


2. 興味や活動の幅が狭く、深い

遊びが限られていて、同じ遊びを繰り返す傾向がみられます。気に入ったものが出来ると、何でもそれになってしまって、一人で調子がハイになり、遊びに来た子が飽きて帰ってしまうこともよくあります。同じ話を何度も繰り返すこともよくみられます。


3. こんな言葉を使った表現や、話し方をする

アスペルガー症候群では、言葉の発達に問題がないことになっています。つまり幼少期に言葉の遅れがないか、あっても3歳で二語文が出ていることが一応の目安となります。しかし、細かい点で特徴的な言葉の使い方をします。

●一方的でまとまりがない、形式的、儀式的な話し方をする
何も聞かれないうちから、まったくその場に関係の無い話を始めたり、何を言おうとしているのかまとまりがつかず、次から次へと話題が飛んだりします。また、形式的、しゃくし定規な話し方をする子もよくいます。

●唐突な話し方をする
相手が知らない話を突然話し出したりします。

●イントネーション(仰揚)の使い分けができない、独特な声の調子で話す、声の大きさの調節ができない、発音が不明瞭
平坦なイントネーションやしり上がりのアクセントで話したり、声の調整ができないため必要以上に大きな声でしゃべることもあります。声を小さくしなさいと言うと小さすぎて聞こえないくらいで話します。ほどよい加減ができません。
早口だったり、発音が不明瞭で、相手に聞き取れないような話し方をすることもあります。

●表現がとぼしく、何を答えればよいかわからない
「担任の先生はどんな先生ですか」と聞くと、「わかんない。」「優しい先生?」とヒントを出すと、「わからない。」「じゃあ、担任の先生を好きですか」と聞くと、「ふつう。」「と言うことは、あまり好きじゃないんだ」と聞くと、「ふつう!。」・・・以下省略   答えているのではなく、まじめなのです。

●同じ表現を繰り返す、こまかい表現にこだわる
「算数のどういうところが好きですか」と聞くと、「まぁ、それはですね、つまり、計算です。」「国語はどうなの?」と聞くと、「まぁ、それはですね、つまり、嫌いかな。」「国語の何が嫌いなの?」と聞くと、「まぁ。それはですね、つまり、作文です。なんにも書けないんだ。つまり、先生は、家で書いて来いって。」

●文字どおりの解釈をし、言葉やその場の雰囲気をとり違える
言葉自体を使うことができても、相手がどういう気持で言っているのか、どの程度の意味で言っているのか、よく理解できません。たとえば、大声で歌を歌っていて、「うるさい」と言われたのに歌をやめず、母親が気付いて、「うるさいから、歌をやめなさい」と言うと、「あぁ、そうか」とやめた子がいました。「うるさい」が、「やめて」という意味を含むことが分からなかったのです。・・・以下省略
このように私たちが何気なく使っている言葉の意味を適切に理解していないのです。常識が通じないといってよく、そのために考えられないような判断をしてしまうこともよくあります。


4. 運動が不器用で、五感が敏感

●不器用
手先が不器用で、字を書くのが下手、姿勢が悪い、バランスが悪い、歩き方・走り方がぎこちない(発達性協調運動障害)など、運動面の不器用さがアスペルガー症候群の子供にはよくみられます。

●聴覚・視覚・触覚・嗅覚・味覚が鋭すぎ、まわりの環境にも過敏
さまざまな感覚の過敏さを持っています。においがいやだとか、食べたときの口の中の感触が嫌いだといった理由で、偏食があらわれます。このときの感覚は好みの違いなどという程度のものではなく、非常に鋭いものです。私たちには感じられないようなわずかな違いで、絶対に食べられないということが起こります。音の感覚にとっても敏感な子供もいます。
音や雰囲気に対する過敏さがあると、日常生活はさまざまな音であふれているので、生活していくのは大変辛いことだと思われます。

5. 行動面でこんな問題も引き起こしやすい

●被害的なとらえ方をしたり、思い違いをする
遊びの最中に混乱したときに、「お母さんがこんなところに連れてくるから、うまく遊べなかった」などと被害的にとらえてしまうことがあります。上級生に、乱暴な口をきいて注意をされたのを、「いじめだ」と思い違いしてしまう子もいます。自分で遊びのストーリーを先に決めてしまい、でも「○○ちゃんは、こうやってくれないかもしれない」と不安になって、まだ遊ばないうちからパニックになってしまい、おもちゃを全部投げつけた子もいました。

●いじめを受けやすい、以前に受けた心の傷がフラッシュバックする
いじめを受けたと誤解することもありますが、また、実際にもよくいじめを受けます。かなり酷いいじめを受けることも多く、感覚の過敏さも伴って大きな心の傷となり、何年もしてから、突然思い出して、「あいつを殴ってやる、殺してやる」と言ったりすることがあります。

●選択緘黙の症状があらわれる、過剰適応型の子供も
感覚の過敏さが非常に強くて、頻繁に不安を訴えたり、選択(場面)緘黙(大ぜいの子供や知らない人がいる場所で、全くしゃべれなくなること)のような症状が現れる子供もいます。選択緘黙の子供は家に帰るとかえっておしゃべりになりますが、選択緘黙のアスペルガー症候群の子供は、外での緊張から解放され、家に帰ると大暴れしてしまうことがあります。子供が大勢いると「こわい」と訴えたりもします。・・・以下省略   周りに合わせようとするストレスが見えない形でたまりやすいので、注意する必要があります。

●不登校になりやすい
アスペルガー症候群の子供は、ほんとうに、よく不登校になります。感覚が過敏であることと集団内で人に合わせることが困難であることが原因ではないかと思います。回復には時間がかかりますが、本人に合う学校に転校したり、本人に合わせた対応をすると、すぐに通えるようになる場合が、他の不登校児にくらべて多いように思います。

●兄弟・姉妹を攻撃したり、拒否したりする
兄弟・姉妹の関係は、非常に難しいことがあります。うまくいっている人もいますが、特に、学校生活が上手くいかず、登校しぶりや不登校などのとき、きょうだい(特に妹や弟)の存在そのものに拒否感を抱くことがあります。





   のび太・ジャイアン症候群4 ADHDとアスペルガー症候群―この誤解多き子どもたちをどう救うか

   上記の書籍より抜粋させてもらいました


もっと詳しく知りたい方は

アスペルガー症候群がわかる本―理解と対応のためのガイドブック

こちら上

夜中に・・・

午前2時頃、なかなか寝付けなくて寝返りを打った時、何かが私の髪の毛に落ちてきた。


へっ・・・・!?と思って振り払ったらゴキちゃんではないですかえぇ

隣で寝ていた主人が「何?」と起きたんで、その後はゴキブリ探しが始まり・・・・



寝室が二階にあるんですけど、殺虫剤を探しに下へ降りたらシンクの下で何やら動く物体が・・・・・・・・

またまたゴキちゃん・・・・・・・汗4



一度に二匹も発見?してしまうとは・・・・・・


寝室のゴキちゃんを見つけることが出来ずに主人が下へ降りて来て、「ここにもいるんだけど・・・」と、リビングのゴキブリ退治を先にする事にしました。



冷蔵庫の下に逃げ込んだゴキちゃんをなんとか退治して、二階の寝室に戻ってきたのは良いものの、こちらのゴキちゃんは行方不明。


あきらめて寝ることにし、数分したら主人がいきなり「いたーびっくり」と飛び起きて・・・・。


なにやら主人の足にゴキちゃんが触ったそうで、なんとかそのゴキちゃんも退治できましたホっ



おかげで4時間しか寝てません・・・・・滝泣


あー・・・・   掃除しなくては・・・・汗1


お食事中に読まれた方はごめんなさいですm(__)m




ブログのタイトルを変更しましたびっくり内容は変わりませんけど・・・・汗
アフィリエイトはもっと知識を身につけてから考えることにして、気になった書籍とか自分で読んだものを紹介する程度でやって行くことにしましたにっこり
アドバスして下さった方に感謝ですm(__)m
  

追記

統合失調症について詳しく書こうと思ったんですけど、めんどくさくなっちゃいまして・・・・・汗

こちらを読んで下さい

BIGLOBE 百科事典  統合失調症


書かれているその中で、私に当てはまるものは知覚の障害の幻聴です。

自我意識の障害にも入るかな・・・・。



難しい事を書いても分からない・・・・って方もいると思います。

ただ、うつは誰にでも起こりえる病なんだと知ってもらいたいんです。


最近やけにハイ状態になったり、気分が落ち込んだりを繰り返してなんか変!?

と思った方は、専門病院へ受診する事をお勧めします。
放っておいても簡単に治る、いつかは治るだろう、気の持ちようだ・・・と誤解されていることが多く、自然に治る病ではないのですから・・・・・・。


ちなみに12歳未満の児童で0.5%から2.5%、12歳から17歳の思春期以降では2.0%から8.0%の有病率だそうです。

今日はうつについてちょこっと?書いてみます。

うつにはうつ状態と躁うつ状態があります。


うつ状態とは?

一日気分がゆううつで、いつも見ていたテレビや新聞にも興味がもてず、何をしても楽しめない、何も食べる気がなくり体重が減少してしまう場合と、逆に食欲が出て食べ過ぎになり、寝てばかりで体を動かすことができなくなったりする。夜は寝付きが悪くなり、暗いうちに目が覚めてしまう。過去のことを悔やんだり、自分を責めたりしてしまう。
仕事をしようとしても考えがまとまらず、集中力や決断力が低下し、ひどく疲れやすくなる。何をするにもおっくうになったり、機敏に行動できなくなる。場合によっては、じっとしていることが出来ず、落ち着かなくなる。終いには、死ぬしかないと命を絶とうとしてしまう人もいる。



躁うつ状態とは?

とにかく気分が高ぶり、機嫌が良くなる。夜眠らなくても平気でいられる。良いアイデアがどんどん浮かんできたり、いつもより活動的になる。と、一見調子が良いように見えますが、一方では気が散りやすく、軽率になり、自制心を失っているのでこうした行動の結果、人間関係を乱したり信用を失ったりと場合によっては社会的地位を失ってしまうこともあります。


うつ状態だけの場合はうつ病と呼びます。

躁うつ状態のだけという場合もありますが、いづれはうつが出てくることが多く、躁うつ状態うつ状態を繰り返す双極性障害になります。


と、ざっと書いてみましたが、うつ状態には他にも統合失調症(思考、知覚、自我意識、意志、欲望、感情など精神機能の障害)、パニック障害(めまい、動機、手足のしびれ、吐き気、息苦しさなどが突然生じる)など他の疾患の症状として現れたり、季節や生体リズムなど、身体の内部の変調によって生じることもあります。




私の場合、その統合失調症の症状が強いかな・・・汗1


日記

小学校の参観&懇談会があった日に、三男の先生から電話があり、「広報か成人をやってもらえませんか?」と・・・・・汗4

事前に配布されいた役員が出来るか出来ないかと言う用紙に、「体調が悪く、動ける時と動けない時があるので、申し訳ありません」と出来ない欄に記入をして提出していました。


実際、慢性の緊張型頭痛で悩まされていて、最近では日常的にはさほど支障はなくなっているけれど、無理をしてしまうと次の日がかなりキツイ・・・汗

片頭痛が混じってしまうと薬無しでは動くことすら間々ならず・・・・・。



緊張型頭痛は鬱からも併発してしまうんだとか・・・・・・・



私はその要因も絡んでるんで、役員なんて出来る状態では無いと言うか、小学校で母親同士の集まりは、今の状態ではちょっとキツイんです。


幼稚園で三役をやった事があるから、役員をやることにより、メリットもデメリットも知ってるんで、荒療治?で引き受けたとしたら、悪い方向に行ってしまったらそれこそ立ち直れなくなってしまう。


そんな状態で勤めるなんて考えてるのもおかしいんじゃない?

って、思われしまうかな汗1


母親同士の中に居るのと、仕事場では根本が違うんで、私はお母さん方の中では物凄い気を使ってしまうところがあるんで・・・・。


なんか言い分けがましいか・・・・冷汗1


「今の状態では出来ません・・・」と言っても「そこを何とか・・・」「小さなお子さんが居る方やお仕事をされて居る方や去年に続いてやってもらう方もいらっしゃるんで・・・」と言われてしまい、「鬱が出てるんで・・・」と言うしかありませんでした。



あっと言う間に広がってしまうから、何を噂されるか・・・・・
鬱の事は余り言いたくなかったんですけどね。



精神科の先生が「三人も居るんだから、正常でいれる事の方が不思議だよ」
と言われ、その言葉を聞いて、ホッとしましたにっこり







「うつ」は、ゆっくり治せばいい!「うつ」は、ゆっくり治せばいい!
(2005/06)
小野 一之

商品詳細を見る



気になった本です。
読んでみよっと(^.^)


お小遣い稼ぎ    その2

下二人が帰って来て、「今日の参観、お母さん来なかったじゃん」と・・・・・。

へ・・・・・絵文字名を入力してください参観って明日じゃなかったっけ・!?

と、学年便りを確認・・・・・・


ありゃりゃ・・・・・・汗

カレンダーにもちゃんと書いてるのに、自分の中で参観日は金曜日と勝手に決め付けてたわ冷汗1

こういう失敗が私は多々あるのでありました・・・・トホホ



そー言えば 母の日のプレゼントをまだ決めていないんですよ。

私の母は「生花や鉢植えは枯れてしまうから・・・」と言うんで、一昨年あたりからブリザードフラワーを送る事にしてますにっこり

これなら枯れることはないしね。

気になった方はクリックしてみてね~。



はぁ・・・、こんな母親で可哀そうな子供達・・・・Tear Perspiration







こちらもポチッと
人気ブログランキング









日記

今日は子供達の薬を処方してもらいに、朝からバスと電車に乗って行ってきました。

また片頭痛が出てしまって、頭が痛い・・・泣き顔


三男は今日もまた遅刻かな・・・

去年よりは随分早く家を出てくれるようにはなったから、後もうひと息かなにっこり

二男も学校生活は今のところ順調みたい・!?だし、明日は長男のセンターだから、ちゃんと行ってくれれば・・・ってところです。


コンサータの量を増やしてくれたおかげか、長男は手や足をあげることが少なくなり、夜7時から8時頃の取っ組み合いが無くなって、ホッとしてますにっこり

さっき「マックで何か買ってこなかったの~」と長男。

「毎回なんて買って来れるわけないでしょーが・・・。お金ないんだし・・・」と、そんな会話をしました。

作るのめんどくさいな・・・などと思い、一瞬何か買って帰ろうかな・・・などと思ったけど、家計の事を考えると、めまいがしてしまうので、やめました汗

はぁ・・・・  何にしようかな・・・  お腹減った・・・・




最近私は 気分が落ちたり上がったりと変化が激しい


精神的に不安定になってしまってる・・・・


余り考えないようにして、とりあえず食事を作らなくては・・・・


自分一人なら簡単にすませられるけど、長男の分まで作らなくちゃいけないから結構めんどくさい・!?といっても、簡単なのしか作らないけど・・・・汗5




日記

最近の子供達

三男・・・相変わらずと言うか、朝起こすのが大変です汗遅刻の常習犯なんで、五年生になったんだから遅刻せずに学校に登校させることが私の目標?!です。

二男・・・去年まで三男と一緒じゃないと学校へ行けなかったのが、家を出て、ノソノソ歩いている三男に構わず一人で学校へ行くようになりました拍手 パチパチ六年生という自覚が出たのか、そのままで行って欲しいところですにっこり

長男・・・昨日のセンターは、最初「ダルイ・・・」などと言っていたけれど、早めの朝食をすませてバスに乗り遅れないように家を出て、ちゃんとセンターへ行ってくれましたにっこり来週もちゃんと行ってくれるといいんだけど・・・。



そして私・・・基本的に外に出て勤めたいので、求人広告やネットでいろいろ観て・・・と相変わらずな日々です汗何社か面接に行ったけど、未だ雇ってもらえずに、こうしてまたパソコンの前に座って、溜息付いてる毎日です。

ランドセル

昨日二男が学年便りをもらってきました。

その学年便りには「学習用具について」という記載があり、「カバンはランドセルで通学します。・・・・・「持ち物を大事にする心」にもつながります・・・・・」と。

毎年記載されている事だと思うのですが、私はそれを読んだ時に「何で?」と言う思いにかられ、最初は怒りにも似た感情が湧きました。


とにかく 落ち着こう・・・と



長男は五年生の終りに、自分自身でランドセルを破壊しました。
両サイドを引き裂き、金具を引きちぎり・・・・

二男は四年生の時に蓋を締める金具の部分が切れてしまい、使える状態ではなくなってしまいました。

そして三男も、肩に掛ける部分の金具そのものが破壊してしまったので、また使えなくなってしまい・・・。


扱い方が悪かったのは言うまでもありませんが、私自身を否定されたようで、ショックでした。



過剰反応?と思われるかも知れないけれど、今まで承諾?してもらってリュックで通学していたので、
二男が今朝「ランドセルの壊れた所は直してあげるから、持っておいで」と先生に言われたと・・・・。


二男が使っていた物は、すでに処分をしてしまったので、ランドセルと限定されてしまうと、二人はどうしたらよいのでしょうか?


とりあえずは先生に手紙を書かなくては・・・と思い、ペンをとりましたが・・・・・・・。



私自身も六年間ランドセルを使用していたので、通常の使い方をしていれば、六年間ランドセルで通学できるはずだと思ってます。


長男がランドセルを破壊した時は、かなりショックでした・・・・


そして二男と三男までもが使えなくなってしい、我が家の子供達に「通常」や「常識」と言う言葉は無いのだと思い知らされたんです。


以前は「基本的にランドセルで・・・」と記載されていたような記憶があります。


言葉の表現でこうも違うんだと、悲しくなりました・・・・・






長男が引き裂いたランドセルは今でもあります。

もう、二度と同じような事をしない為に・・・・・・・









「ランドセル」の続きを読む

子供達の障害について  その3

いやぁ…、久しぶりに本やサイトを読みまくって無い頭をフル回転させたんで、ちょっと疲れてしまいました…汗1


〇広汎性発達障害

小児自閉症・非定型自閉症・レット症候群・アスペルガー症候群・特定不能の広汎性発達障害の総称。なお、知的障害の無い、もしくは軽いものは高機能広汎性発達障害(高機能自閉症)と呼ばれ、軽度発達障害に分類されるが自閉症と広汎性発達障害は別個の障害ではなく一連の発達障害を含む障害の総称である。WHO(世界保健機関)の定義案によれば、幼児自閉症は遅くとも生後30ヶ月以内に症状が認められる症候群であるとされている。この障害はレット障害または小児期崩壊性障害ではうまく説明されない。広汎性発達機能障害、高機能自閉症、アスペルガー症候群などを合わせて、発達機能障害と総称する。


小児自閉症とは?

    1 対人的な相互反応の障害、社会性の障害。
    2 言語、非言語によるコミュニケーションの障害。
    3 想像力の障害とそれに基づく行動の障害。
 
てんかんなどの脳波異常や脳室拡大が合併する事もある。


非定型自閉症とは?

小児自閉症の3つの症状が揃わない、など定型的でない自閉症。


レット症候群とは?

1966年、ウイーンの小児神経科の医師 Andreas Rett(アンドレアス・レット)博士によって一つの症例が発表され、彼の名を取って「レット症候群」と名付けられた。ほとんど女児に起こる進行性の神経疾患で、知能や言語・運動能力が遅れ、常に手をもむような動作や、手をたたいたり、手を口に入れたりなどの動作を繰り返すことが特徴。
生後六ヶ月から一年六ヶ月の頃に発症。児童期には体幹失調・脊椎変形・舞踏病様運動・てんかん発作が現れ、進行性。運動機能が崩壊する。精神遅滞は重度。ほとんど女児に発症。


特定不能の広汎性発達障害とは?

広汎性発達障害の一種。
アスペルガー症候群やカナー型自閉症との違いは、自閉の傾向が軽く、自閉の傾向が消失している場合もある。ADHDとの違いは、注意力が一般人並にあることである。知的障害は伴わない。言語性では高い能力を示しながらも、運動性では能力に問題がある場合が多い。特定不能の広汎性発達障害は他の発達障害と比較すると、高年齢になってから診断されるケースが多い。特定不能の広汎性発達障害の頻度は200人に1人程度と言われている。
アスペルガー症候群やADHDと比べると、症例の研究が進んでおらず、治療も、社会の認知も遅れている。普通の子供と大きく変わらないようにもみえるので診断が遅れがちになる。




BIGLOBE  百科事典 より抜粋させてもらいました。







子供達の障害について  その2

高機能広汎性自閉症と言う言い方は無いのでは?

と思った方もたぶん居ると思います。

この呼び方は以前教育センターで三人とも知能検査を受け、臨床心理士の方と心理カウンセラーの方とで、知能検査の結果から、三人の障害を“高機能広汎性自閉症アスペルガー症候群”と呼んだんです。

本当ならアスペルガー症候群の広汎性発達障害の高機能自閉症、自閉症スペクトラムと言うのでしょうか・・・・


私の憶測なんですけど、子供達は特定不能の広汎性発達障害にあたり、発達障害よりも自閉の症状が強かった為に、高機能自閉症に“広汎性”を付けたのだと、思ってます。


聞きなれない言葉だと思う方もいると思うんで、また、簡単に説明します。


○自閉症

次のような特徴や障害が種々の程度と組み合わせてみられます。

言葉の発達の遅れ・対人関係の困難さ・アンバランスな感覚・活動や趣味の範囲が狭い・アンバランスな知的機能・変化に対する不安や抵抗など。

自閉症の人は見たり聞いたり、そのほか感じたりすることを、一般の人のようには受け止めたり理解したりできないことが分かってきました。
そのために、一般の人が通常やっているような方法で、話し言葉や身振りを用いてコミュニケーションすることが安易にできません。
その上、自分の周囲の環境や状況の意味することも理解できないことが多く、慣れない場面には大変な不安や混乱を感じているのです。

知能指数IQから見ると自閉症は70%から80%が精神遅滞(IQ70から75以下)の範囲に入りますが、残りは精神遅滞は見られません。
自閉症の知的能力には、精神遅滞と異なった特徴として、部分的に高かったり低かったりというアンバランスが非常に目立ちます。ですから、自閉症は知的障害つまり精神遅滞とは異なった障害といえます。




社団法人  日本自閉症協会の自閉症の手引き より抜粋させてもらいました。



一般的には知的障害のない自閉症を高機能自閉症と呼んでいます。


「子供達の障害について  その2」の続きを読む

子供達の障害について

注意欠陥多動性障害(ADHD)は最近よく耳にすると思いますが、アスペルガー症候群は聞きなれない障害だと思います。

ここでちょっと簡単に説明してみます。


〇注意欠陥多動性障害(ADHD)

不注意・衝動的・落ち着きがないという三つの特徴がある。

落ち着きがない、整理整頓が出来ない、忘れ物が多い、ケアレスミスをする、毎日の日常生活での決まりきったことを何度も言われないとできない、何度言ってもやらない、など。

ADHDの子供は普通の発達をしている子供と比較して、年齢や精神発達の程度にふさわしい総合的な自己コントロールの力の発達が遅れているために、目的に向かって行動するのがむずかしく、今楽しいこと、今やりたいこと、今興味を持っていることを優先してしまう特徴をもっています。そのために、やるべきことが後回しになってしまいます。

また、ある活動をするときに必要なことを覚えておく力(作業記憶)が弱いことから、忘れ物をすることもよくみられます。以前の経験を思い出して今やっていることを失敗しないように気をつけたり、未来のこと(たとえば明日の予定)を思い浮かべて必要なものを準備することが苦手です。


○アスペルガー症候群

アスペルガー症候群の子供は、ADHDの診断基準と共通した症状を持っていることが多い。

ADHDの症状以外に、友達ができない、孤立している、いじられている、パニックを起こすなど。

人と関わる力や、会話のやりとりする力が極端に弱いのは、その場の雰囲気や友達とほどよい距離感をつかんで、自分の気持ちや考えを人に伝え、相手からの話にも耳を傾けるという、コミュニケーション上の問題を持っているからだろう。

同年齢の子供が持つ文化にうまくなじめない。アスペルガー症候群の子供は、家庭で見せる姿や慣れた場所で見せる姿とはまったく異なる様子を、学校で見せることも多いのです。同世代の子供の中にいると、問題が一番くっきりと出てきます。だから学校で問題が生じます。

アスペルガー症候群とは、言葉や対人関係の面でのぎこちなさや興味の幅の狭さが主な症状です。



下記の書籍から抜粋しました。

興味のある方はクリックしてみて下さいね笑い。





「子供達の障害について」の続きを読む

お小遣い稼ぎ   その1

私が今一番欲しいものが これです!







送料無料 マッサージ座椅子 AIM101 SWITCH CHAIR ヒーター付マッサージチェアー送料無料 マッサージ座椅子 AIM101 SWITCH CHAIR ヒーター付マッサージチェアー




うーん欲しい……kirakira

我が家の三兄弟

はじめましててろてろびっくり02

四月から長男中二・二男小六・三男小五の三人の母です。

どーぞよろしくですm(__)m



今日は三人を連れて通っている精神科へバスと電車で行ってきました。

行きのバスと電車では、三人は比較的おとなしかったんですが、病院へ着いてしばらく待たされたせいか、診察中に長男と三男が喧嘩を始めてしまい、長男は三男の顔を殴りつけるわ、イスを投げるわでとんでもない事態になってしまいました汗


長男は現在、朝コンサータ一錠、朝食後にアナフラニール一錠とリスパダール一錠、夜の食後にアナフラニール一錠とリスパダール一錠、寝る前にリスパダール一錠を服用しています。

二男は朝コンサータ一錠、朝食後にアナフラニール一錠、夜の食後にアナフラニール一錠と寝る前にリスパダールを半錠服用しています。

三男は朝コンサータ一錠、朝食後にアナフラニール一錠とリスパダール半錠、夜の食後にアナフラニール一錠と寝る前にリスパダール一錠を服用しています。


その状態をみて先生は、長男にコンサータ18mg(三人とも現在27mgを服用中)を追加して処方してく
れました。


処方薬局に行く道でまた、長男が三男に殴りかかるしで、またまたひと騒動…汗


帰りの電車の中ではなんとか落ち着いてくれて、バスに乗る前にマックでハンバーガーを買わされた
ら「お母さん、さっきはごめんね…」と長男。

物につられて謝ったのかい・!?って感じだったけれど、それはそれで良しにしてあげました。


おかげで私はかなり疲れましたトホホ





カウンター

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

人気ブログランキング

参加中! 1日1回づつクリックしてねっ!!(^-^)

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

三兄弟の母

Author:三兄弟の母
アスペルガーをもつ三人の男子の母
年齢 な・い・しょっ☆
血液型 A型


只今、怪我療養中・・・

日々格闘中?!から日々成長中?!へ(^^)



B’z好きの母であります♪



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
499位
アクセスランキングを見る>>

FC2アクセスランキング

グリムス

Twitter

ボットチェッカー

携帯用QRコード

QRコード

FC2ブックマーク